観光の際に便利に利用

交通の便が悪いところではレンタカーが威力を発揮する

乗り物

観光するにはレンタカーを使うと良い場合がある。 レンタカーを使うのは、交通費を抑えたり、交通を利便にしたり自由な旅程を組んだりして目的の観光地を効率よく旅行をするには相当威力を発揮する。 しかし、まずは見知らぬ地で車を借りてレンタカーにてドライブするということは頭に入れておかなければならない。 どこにガソリンスタンドがあるのか、どこにトイレやコンビニ等あるかなどや、自分の車とは違う車を運転することや、距離感や実際の高低差や実際にかかる時間や燃料費、道の太い細い、路面状況などは予想や地図のイメージとは違っている場合もあるということである。

車を旅行でレンタルするときは少し注意したほうがよい

レンタカーを旅行で使うときは、貸し出しや返却の手続きや時間などや、予想以上に道が混雑していたり、駐車場の位置など迷ったりする時間も出てくるので、ぎりぎりの予定を組まず、少し時間に余裕を持って旅程をくんでおくほうがよい。 また、もちろん免責保険にも加入しておくことはお勧めだが、なにかトラブルがあり事故などもあったときの事故処理なども他社の保険や見知らぬ地の警察やロードサービスなどを使うことになるため、あらかじめある程度確認し頭に入れておくほうがよい。 また、できればカーナビはついていたほうが良いと思う。 相当距離感や高低差、道の細い太い、渋滞の状況等相当イメージしていたものと変わる場合があるので、ある程度迷う場合も考えられる。 そういうわけで、できれば自分で地図も持っていくほうがベストだが、カーナビはオプションでついていたほうがいいだろう。 借り方としては今ではツアーと組み合わせで安くなるものや、何かのサービスのオプションとして安くなるものなどいろいろあるので、そういうものも利用してもよいと思う。