レンタカーにシフト

レンタカーと自家用車の違いとは

乗り物

昨今では、購入する車からレンタカーに切り替える方が増えています。なぜかというと、車を個人で保有すると購入費用として100万円以上を要し、その他突然の事故に備えて任意保険料を支払わなければなりません。また、3年または2年に1回車検を受けることが義務づけられています。車の種類によっては、10万円から15万円かかります。お休みの日にしか使わないという人にはかなりの負担です。この一切の負担を必要としないのがレンタカーです。レンタカーは車を借りるのと同時に時間を借りるのです。ガソリンも使った分だけ補充して返却すればよいのです。自家用車に比べてレンタカーは自分の好きな車種を選び必要な時間だけ利用することができるというメリットがあります。ローンを組んで車を購入しても払い終わる頃には飽きてしまったりメンテナンスが必要になったり。レンタカーはそんな心配は一切ありません。

最近の車事情とカーシェアリングについて

モノが溢れる傾向の強い最近では、モノを所有することを望まない「オーナーシップの放棄」という動きがあらわれています。自分個人の車を持たず、レンタカーのように必要な時に必要な分だけ利用するという合理的かつシンプルな考え方が徐々に広まってきています。その例として、耳にするのが「カーシェアリング」という言葉です。言葉の意味は、「車を分け合うこと」です。あらかじめ車種を選んで借りる時間を決め予約をするという点ではレンタカーと全く同じです。ただ、カーシェアリングの場合個人間でやりとりができ、短時間(15分30分など)でも借りることができるという違いがあります。レンタカーは長時間あるいは長期間借りることができるので用途によって使い分けが可能です。また、目的地での乗り捨てが可能な場合があるので今後モノを所有しない世代に需要が増えつつあります。